スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の上に皆既月食

12月21日に皆既月食が見られました。
全国的にお天気が悪かった様子でが、青森ではかろうじて見ることができました。
 3年ぶりの皆既月食、仕事の休みをもらい(あとから「月食だから休んだでしょ・」とバレテしまいましたが)
観察の準備をしていました。
 目的の一つであるインターバル撮影での月食ははじめて、なんといっても月の明るさが大幅に変化します。
 赤い月と通称言われている皆既の状態はとても暗く、またその時のコンディションで赤みや明るさも
まちまちです。
 当日の早朝、西に沈む月を用いて機材や絞り、シャッタースピードの練習をして、だいたいの勘所を
掴んでいざ、夕方の月食へ・・
 ところが、次第に温暖前線に伴ういやーなうす雲が広がり始めていました。
「これはまずい・・」
 気象衛星の映像などをみると北海道は晴れている様子、なるだけ北海道に近いほうへ・・
 昼過ぎから一路青森県の東海岸へ
 東へ向かうと、青空の面積が広くなっては行くのですが、西からはモヤ―っとした雲がどんどん接近
してきます。
 太平洋岸へ出てそこから北へ・・
 本州の最北端、下北半島の東の端、尻屋崎の少し手前まで来たのですが、雲の広がりにはかなわず
次第にうす雲にあたり一面包まれてしまいました。
「もう、しょうがない」ここでセッティング。
 方位磁石で方角を確認しながら北、東、月の出る東北東の方角を砂に描き、簡易赤道儀をおおよその北極星の方角へ、月を確認できたらガイド撮影を始めるという算段です。

簡易赤道儀


 地平線からおよそ15度くらいまでの高さまで厚い雲が垂れこめて動かない、
 かけた月が海岸線から昇る時刻、午後4時を回ってもそれらしきものは全く見えない。
一方で、イカ釣りと思われる漁火が次々と光を放ち始め、その明るさを増していった。
「うー、これまでか・・」
 そう思いかけたあたり、地上だいぶ高いところ、カメラのフレームのだいぶ上の方に、真っ赤な月が
顔を出し始めたのだった。



Time lapse #29 皆既月食 Total eclipse of the moon 2010-12

スポンサーサイト
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。