スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視点移動装置ゴンタレール

映画などの撮影で、カメラを載せて微細な視点の移動を行うモーションコントロールカメラ
何度でも同じ動きをコンピューター制御などで行うことが出来るようだ。

微速度撮影では1つのシーンを10分とか数時間をかけて行います。
このような動きのある映像を実現したく、しばらく前から制作にとりかかっていた装置が最近完成した。

ゴンタレール1号だ。(安直な命名であります)

およそ2m弱の間を、最短で30分、最長で3時間30分かけて移動することができます。

まだ多少使いずらいところもあり、今後改良して行くかもしれないので1号です。
試作段階でのデビューがいきなり弘前城の桜です。

昼の賑わいが嘘のように静まり返った未明の弘前城の本丸、弘前大学の学生サークルと思われる宴会数人しか辺りにはいません。
おもむろに登場した三脚2台とゴンタレール。

1秒1枚の撮影で15分、およそ900枚の撮影で、立体的な風景を捉えることが出来ました。



ようやく通販で取り寄せたウォームギアが到着、ステッピングモータとの組み合わせでかなりの低速移動も可能となり、実践は毎年通っている横浜町の菜の花畑へ。

構図と星やつきの動きに加え、視点が移動するとなると撮影イメージは一気に膨らみ、いろいろなイメージが浮かび上がります。
その分失敗もたくさんしそうですが・・。

IMG_1841.jpg

ゴンタレール完成品にてはじめて撮影した、満月に浮かび上がる菜の花畑の様子、
ぜひご覧ください。

スポンサーサイト
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。