スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたご流星群の夜

 三大流星群のひとつ、ふたご座流星群

 あいにくの天候で空には雲が多く、見上げた空の大半は西から流れてくる雲だらけでした

 それでも、あきらめずに雲を避けながら移動し、たどりついた十和田の山中で、ようやく満点の星空に出会うことができました。

 見上げると、贅沢な冬の星たち、
 思えば1ヶ月ぶりに、こんな星空に出会えた感じです。

 スッー、スッーと時折流れ星が輝きます。
 「これは、結構流れている・・」いやあ、ここまで来たかいがあった。

 午前3時ころには、我慢していてくれた雪雲が一斉に空を覆いつくし、
 急いで片付けるカメラや三脚にも雪が吹きつけながらの撤収となりました。

 1ヶ月ぶりに出会えた星空と流れ星の風景です。
 

 今回は、新しいカメラCanon6Dの初フライトでもありました。
 はじめに撮影したショットはiso感度25600に合わせていたせいか真っ白に近い映像に、
ボタンの位置がなれないため、ピント合わせや露出設定などに多少戸惑いましたが、7D以来のデジタル水準器も使いやすく、徐々に慣れていこうかなという感じです。

 満点の星空に移動した後、6Dをゴンタレールにのせてiso25600にてためし撮りをすると、雪景色であたりが全体的に明るいためか、星とともに空が真っ白くなるくらいに写ります。一段下げてiso12800でも10秒程度の露出でかなり明瞭に星を捕らえます。
 常用6400のカメラ(5DmarkⅡやD7000)だと、20秒以上の露出でなければ撮れなかった映像が半分の時間で撮影できるので、固定撮影30秒で星が流れてしまう星空だと、3枚程度まで重ね合わせが可能なこととなり、画質の仕上がりの面でも大きなメリットがあると感じました。

 あと、やはり面白かったのがWiFi機能です。
 ゴンタレールは撮影している間もちろん触れることはできないのですが、今回は約15mほど離れた「暖かい」車内からスマートフォンで撮影している画面を確認することができました。
 6DのWiFi機能をONにして撮影を開始、車内ではスマートフォンのwifi機能をONにすると、6DからのWiFi信号を受信します。CanonEOSリモートのアプリを起動すると、「画面の確認」と「遠隔撮影」のメニューが出るので「画面の確認」を選ぶと、今撮影している映像が随時画面に飛び込んできます。
 今回は、冬の大三角がどれくらい画面から外れてゆくか、また、雲はどんな様子で移りこんでいるか、といったあたりを確認しながら撮影することができました。
 心配した電池の持ちですが、それほど極端に消費するといった印象はありませんでしたが、今後撮影回数を重ねて体感していきたいと思います。



 撮影チャンスがあれば、いろいろと試行錯誤したいものですが、
 この季節は雪国の天候が恨めしいばかりにて、

 これからの季節が穏やかであってくれればと祈るばかりです。

スポンサーサイト
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。