FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳穂ヶ滝の氷柱

青森県と秋田県にまたがる広大なぶなの原生林、世界遺産の白神山地。
この森の津軽平野からの入り口にあたるがの西目屋村です。
暗門の滝と呼ばれる3つの滝が有名なところですが、
特に冬場に訪れる人が多くなるのが、乳穂ヶ滝(にほがたき)です。





西目屋の中心地にも近く、散歩で訪れる方もいるほど、
県道からも程近く気軽に行くことができます。

冬場この滝が注目される理由、それは毎年滝の水が凍るところにあります。

ある年は上下から伸びた氷が立派な氷の柱となり、
またある年は、氷がつながらないまま春を迎えたり、

その氷の形が毎年大きく異なることで知られ、古くからその年の津軽地域の作物のできばえを占う信仰の場所です。

にほがたき1

連日悪天候が続いていた津軽地域ですが、この日は夜星空が期待できます。
桜とお城の観光地、弘前市から白神山地方面に向かうこと1時間弱

乳穂ヶ滝は、上からの水と落下した水がそれぞれ異なった形で成長し、あと50センチほどで一体化するまでになっていました。

にほがたき3

上の氷は流れる水の流れの周囲を取り囲むようにストロー状に氷ができ、その直径は80センチほどの巨大なものに
先端は小さなツララが一周を取り巻いています。

一方下側の氷は、これまた流れ落ちた水が大きく深い穴を形成していて、上とは異なり、球形の氷の塊が重なり合うような形状をしています。

全く異なった形の上下2つの氷が、まもなく繋がって大きなひとつの氷の塊になろうとしていました。

にほがたき2


夕方まで雪がちらついていましたが、暗くなるに従い、星が輝き始めた。

滝の後ろ側も歩道になっていて、祭壇がある洞穴まで続いています。

「こんな巨大な氷の塊がよく空に浮いていられるものだ・・」

ちょうど滝のてっぺんから、一際明るく輝く木星が昇ってきた。

まるで木星から氷の水が下っているような、そんな不思議で贅沢な景色が広がっていた。


------------------------------

撮影した2日後、地元の新聞に残念なニュースが載った、

「西目屋村の乳穂ヶ滝の氷が崩壊」

この季節としては珍しく、雨交じりの天候となり、一気に氷が溶けたのだ。

このまま伸びれば今頃ちょうと上下の氷が1本に融合していたはずだけに残念です。

でも、寒気が続けは1週間程度でも氷は急成長することもあるとのことで、2月16日に行われるライトアップまでにはまた、少しでも氷が成長してほしいものです。

スポンサーサイト
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。