スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下北は神秘の半島

10月10日(後)

 おさるにみとれていると、もう夕暮れ、
 下北半島西海岸での夕日を狙えるタイミングだ、下北半島の西岸「佐井村」
 毎回感動的な景色に出会えるところだ、

 特に惹かれるのは、切り立った海岸沿いに「ぽつん」とある福浦というところ、
 昔は陸沿いの交通が困難で、海の道しかなかった集落だ。


                            (福浦地区を上から望む 手前漁港が福浦港 奥は北海道 )

 ドライバーでも酔ってしまいそうなグニャグニャ道、
 下ったところにある静かな集落福浦。 切り立った岸壁は外の世界とを遮断している。
 狭い窓のように西側だけが海に面し、外の世界と通じている。
 日常の雑踏から異次元に舞い込んだような不思議な感覚にとらわれる。





 福浦からの陸路の道は、どちらも急な登りである、
 登り切ると、むこうには30万都市函館の町並みと、名峰駒ヶ岳を見ることができた、



 右手には、下北半島「願掛岩(がんかけいわ)」が夕日に赤く照らされていました









 福浦をすぎるとすぐ、名勝「仏ヶ浦(ほとけがうら)」がある
下北半島の西海岸は茶色い切り立った岩が続くが、なぜかここだけは青白い不思議な岩が集まっている、




 岩場を切り開き、海岸よりかなり高い所を走る国道338号
 そこからそれ駐車場へ、仏ヶ浦へはそこから遊歩道をさらに15分ほど歩く。
 次第に波の音が聞こえてくる、
 そして、奇岩が目の前に現れた



 夕焼けに赤く輝く奇岩を撮ろう、そう思ってきたのだが残念ながら黒い雲が・・・
 どんよりとしている、 誰もいない海、  少々、いや、かなり不気味だ。


 
 西風が強い、 激しい波の音が取り囲む岩にこだまし、地響きのように鳴る



 
 気がつくと、周りは不安定で巨大な岩に囲まれている、

 誰もいないのに、人気を感じ、ふりむくと岩がそびえたっている・・

 如来の首、五百羅漢、観音岩、

 やはり、これはただの岩ではない、仏様なのかもしれない、




 不気味だ、
 
 悪天の夕暮れ時、一人で来る場所ではない・・

 急いで帰路に就いた。



 おお、こわかった・・・




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。