スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田代岱の薄い霧

10月7日

 秋の晴天をもたらした移動性の高気圧も東へうつり、次第に低気圧が近づいてきた
 3連休の後半は天気が下り坂だ、
 4時すぎの目覚ましのあと、気象衛星画像をチェック。
 薄雲が青森県の西側を覆い始めていた・・ 雲から逃げ南東方向へ向かおう・・
 まだ真っ暗な中、八甲田山系へ向かう

 青森から八甲田を経由し十和田市へ抜ける県道田代十和田線はとっても快適な道だ
 早朝は特に早い、なだらかな山道で、八甲田山中まで30分もかからない

 でも、真っ暗な中、怪談話で有名な銅像茶屋の前を通過するときはすこしドキドキするのだ
 三八地方へ向かう爆走トラックでも前後にいてくれたら心強い・・





 田代岱は、北八甲田の東側に広がる湿地帯だ
 綿すげがきれいな田代湿原や、青森市のおいしい水の源泉グダリ沼などがある
 この季節の晴れた早朝は、地表の熱が奪われる放射冷却が激しく朝霧がよくみれる
 この日の気温も4度と冷え込み、草原の露は霜と化していた

 おおう・・思いどおりに朝霧が出始めている、いい感じだ。



 見上げると、細くなった月のとなりに、明けの明星「金星」が並んでいる
 うす雲のおかげて、とってもソフトな感じに浮かんでいてとても綺麗。



 まもなく朝やけだ、西から広がり始めた高度の高い雲が朝日で赤く染まり始めた・・
 でも、思ったように霧が濃くならない・・

 うーむ、風景は難しいものだ、でもきれいなのでしばしくつろぐ。






 青森県のおへそである八甲田、国道394号に昇格した八甲田十文字を超えると、
 県道田代十和田線周辺には三八地方の風景が広がる
 田代岱からほんのわずかな場所だか、こうも風景が違うのかと驚かされる
 向こうには階上岳の麓に八戸の町並みも広がってみえる


 
 ここに、とってもいい感じの葉の無い木が2本ある。
 いずれもその形が絶妙、味がある

 ひとつは風に流され「とんがった感じ」、もう一つは「ひねくれた感じ」だ、
 ちなみにこちらは「とんがった感じ」のほう



 ススキが光の中で遊んでいる

 朝日がさしたのはほんの一瞬、田代岱はこのあと雲に覆われた。


 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。