スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴンタレール

ゴールデンウィーク頃から本格稼動となったゴンタレール。

微速度映像に視点の移動を加える装置です。

視点の移動をいえば、仰々しい感じもしますが車の車窓や歩いているときの目線も
考えてみれば視点の移動をしていて、むしろ普段の生活では視点が移動しているのが普通なのかもしれません。

インターバル撮影、または微速度という名前も考えてみれば不思議な感じ。インターバルは間欠撮影なのでよいとして、微速度というと微という感じからスローモーションをイメージしてしまう方もいらっしゃるのでは・・。

実際は究極の早送り映像なのですが、これが被写体が星空になるとなんとなくスローな感じに写ってしまうところが面白いところと感じています。

IMG_3788.jpg

ほんとはとてつもなく早送りなのに、スローな星や雲たちの動き、
そこに、もともとスローな歩いている程度の早さの視点の移動という、本来まったく異なった速度であるはずの2つの動きが、なぜかマッチしてゆったりと楽しめるところが微速度の視点移動の醍醐味ではないかな。

などと、「うんちく」を語ってしまいましたが・・

今日はゴンタレールの全貌を紹介します。



ゴンタレール、移動時はこんな感じ。三脚はなんでもいいです。
レールは2mのアルミ製、本体は家にあったアルミケースにちょうどすっぽりおさまりました。

IMG_0001.jpg

心臓部は250円の秋葉原秋月電気のステッピングモータと、コントローラ(1200円)
電圧変化で最短30分から最長3時間30分でやく2mを移動できるギアの比率で組み合わせました。

IMG_0003.jpg


IMG_0014.jpg

終点まで移動した後、それ以上巻き取らないように安全装置がついていて、自動で停止します。

単3型ニッケル水素電池8本で駆動するのですが、今のところ一晩動かしても電池が切れません。
結構省エネ駆動なのかもしれません。

---------------------------------------------------------------------------

視点移動での撮影をしてみて・・、

構図、カメラの撮影設定に加えて、動きが加わり、正直失敗の頻度が高まったかな~をいった感じ。

ポイントについてから撮影開始まで、やはりセッティングに10分以上はかかってしまうのも難点かも。

それでもぴタッとはまった時の感動もあたひとしおのものがあると思い、
これからもいろいろな場面に挑戦してみるつもりです。

こうご期待!!?。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

流石です!

わぉー!ゴンタレールの全貌が明らかにされましたね~!
流石ゴンタさんですね~!電子工作にお詳しいのがよくわかりますよ~。
それに過剰巻上げ防止装置まで付いているなんて凄いですね!
僕のには付いていないので毎回寝過ごさないように目覚まし時計で焦りながら起きてます(汗)。
アルミケースにぴったりってのもいいですね~!
セッティングには僕も結構時間掛かってしまいます。
大抵の場合、会社から帰って高速道路をすっ飛ばして夜中に到着し、撮影地探しと組み立て、アングル、カメラの設定などやってる間にどんどん撮影時間が無くなってしまいますものね~。

それにしても、このロケーション良さげなポイントですね~!
草原にゴロンとした岩が何だか妙に撮影意欲を掻き立てられてしまうんですけど(笑)。

Re: 流石です!

> わぉー!ゴンタレールの全貌が明らかにされましたね~!
> 流石ゴンタさんですね~!電子工作にお詳しいのがよくわかりますよ~。
> それに過剰巻上げ防止装置まで付いているなんて凄いですね!
> 僕のには付いていないので毎回寝過ごさないように目覚まし時計で焦りながら起きてます(汗)。
> アルミケースにぴったりってのもいいですね~!
> セッティングには僕も結構時間掛かってしまいます。
> 大抵の場合、会社から帰って高速道路をすっ飛ばして夜中に到着し、撮影地探しと組み立て、アングル、カメラの設定などやってる間にどんどん撮影時間が無くなってしまいますものね~。
>
> それにしても、このロケーション良さげなポイントですね~!
> 草原にゴロンとした岩が何だか妙に撮影意欲を掻き立てられてしまうんですけど(笑)。
コメントありがとうございます。StarDust☆さんと偶然にもほぼ同時期に作成し、なぜか共通点も多いような感じだけと、アルミアングルがお互い逆に利用していたりとおもしろいですよね。違うところから出発しても、機構の随所に共通点が出たのは興味深いところです。
 この季節は夜が短くて、正味の撮影時間が6時間程度といったところでしょうか、2カットも撮れば朝になってしまっています。セッティング時間というのもないがしろにできませんよね。
StarDust☆さんの次なる作品にも楽しみにしておりますので、お互いお体に気をつけてがんばりましょう!。

アルミアングル

気がつきませんでしたが、言われて見るとアルミアングルが僕とは逆なんですね。
僕のはtom loweさんのdollyを参考に作らせてもらいました。
次のプロジェクトは梅雨明け以降(7月下旬頃)ですね~!
梅雨の合間にうまく晴れてくれればいいのですが、こちら関東では毎日どんよりした雲に覆われていて写欲だけ悶々しております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

電子工作について

こんにちは!
先日、youtubeの動画にコメントさせていただいたkimです。

私は、主に山で微速度撮影をしているのですが、今、山中に持って行けるような軽量カメラスライダーの自作を考えています。

カメラスライダーの製作自体は道具さえあれば難しくないと思うのですが、ステッピングモータ・コントローラの製作は一筋縄ではいかなそうですね;;
電子工作をしたことがないので、こちらを読んでいろいろ勉強させていただいております。

Re: 電子工作について

> こんにちは!
> 先日、youtubeの動画にコメントさせていただいたkimです。
>
> 私は、主に山で微速度撮影をしているのですが、今、山中に持って行けるような軽量カメラスライダーの自作を考えています。
>
> カメラスライダーの製作自体は道具さえあれば難しくないと思うのですが、ステッピングモータ・コントローラの製作は一筋縄ではいかなそうですね;;
> 電子工作をしたことがないので、こちらを読んでいろいろ勉強させていただいております。

コメントありがとうございます。
日本アルプスの美しい微速度楽しませていただいております。ミニチュア風でほんと魅力的です。
ステッピングモーターですが、電子工作といえるほどでもなく、ほとんど出来合いです。秋葉原秋月電子のステッピングモーターコントローラーキット(1200円)を設計図通りに組み立て、工夫といえばスイッチや抵抗を基盤につけずにコードで取りまわした程度です。難関はむしろギアの入手と組み上げの方が苦戦したかもせれません。(でも、ステッピングモーターが思惑通りに駆動した時は感動しましたが・・)
これからも、kimsccさんの動画楽しませていただきますのでよろしくお願いいたします。

パルスモーター

パルスモーター(ステップモーター同じ物)の組み立てですがもし難しいと思う場合、無理をなさらずにDCモーターで組上げれば良いかと思います。速度は電圧を下げて対応をすれば良いと思います、トルクの問題がありますので高トルク型でギアの大きい物が付いていれば垂直移動も可能です。DCの弱点は超低速移動が苦手、反面強みは電源にやさしく単三電池10本でも一晩軽く持つ。 パルスの弱点 電源を消費するので大きいバッテリーなどが必要、反面強みは超低速移動を得意としています。上記の仕様は使い方一つで変化をいたしますのでご了承いただけたらと思います。

ギアボックスについて

自作のドリーがとてもすばらしいです。

私も最近TimeLapseにはまり、ドリーがほしくなってきました。
電子工作もまったくの初心者でありながら、なんとかレールとモータ制御のところまでできつつあります。

ところで、巻き上げのギア部分について、あまりよさそうなものがみつかりません。田舎でショップも少なく、ネットだとタミヤぐらいしか出てきません。

ギアについてどんなもの使っているか、どこで入手可能かよろしければ、教えていただけませんか

Re: ギアボックスについて

> 自作のドリーがとてもすばらしいです。
>
> 私も最近TimeLapseにはまり、ドリーがほしくなってきました。
> 電子工作もまったくの初心者でありながら、なんとかレールとモータ制御のところまでできつつあります。
>
> ところで、巻き上げのギア部分について、あまりよさそうなものがみつかりません。田舎でショップも少なく、ネットだとタミヤぐらいしか出てきません。
>
> ギアについてどんなもの使っているか、どこで入手可能かよろしければ、教えていただけませんか

pgy167さま
ご連絡が遅くなってすみません。ギアの購入が1年以上前だったので、当時の資料がなくご連絡遅れました。
TimeLapseにはまっているとのこと、いいですね!。
私が作成した機器の場合ですが、参考になればうれしいです。
モータは秋葉原秋月電子のステッピングモータを使用しています。(モータ250円、基盤キッド1200円)
モータ軸に取り付けたギアは株レインボープロダクツより通販購入した平ギア 16歯軸3mm 1.0モジュール(346円)、
平ギアからはウォームギアに伝達し、同じくレインボープロダクツ 平ギア16歯軸6mm 1・0モジュールで受け、同じ6mm軸に小原歯車工業製(直販はないのか、販売店より購入)のウオームギアを経由して、同じく小原歯車製作所製のウォームホイール(プラスチック製)に伝達しています。
 このウオームホイールの軸は洋裁で使う縫い糸の軸(100円ショップ)に伝達し、この軸で台車に乗せたカメラを釣り糸で巻き取る仕組みです。
 私も田舎在住でショップもなく同じ悩みを抱えておりました。
 ネットで根気よく検索して研究すれば、よい組み合わせに出会えると思います。
 がんばってください。

 わたしもがんばります!。
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。