スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩木山お山参詣

古くからの信仰の山、岩木山の一年で最も大きな行事、お山参詣がありました。
最終日は「ついたちやま」と呼ばれ、月のない旧暦1日の日に山頂からご来光を拝み五穀豊穣を祈願するというものです。
 昔はもちろん麓から登山だったようですが、今はかなりの気合が入った方のみとなっていて、ほとんどの方は車で8合目まで登り、9合目までリフトで、最後登山が登山というコースをたどります。
 岩木山山頂からのご来光は昨年、おととしと見ることができています、今年も天候は良さそう。8合目の駐車場からは手に届くかと思うほどの星空が広がっていました。


■8合目駐車場から 岩木山山頂を望む

午前3時からいよいよ登山開始です。
真っ暗な山道ですが、先導隊がしっかりと行く道を案内してくれます。
また、道の随所には小さな明かりがともされていて、不安は全く感じません
それぞころか、頭上は満点の星空、冬の星座が東に登ってきていて、一行は天空のオリオンへ向かい駆け上がってゆくように登ってゆきます。その光景のなんと素敵なことか!!。

しばらくすると、足元に町の明かりが広がり始めます。弘前の街明かりです。

iwaki01.jpg

あたりは次第に明るくなり始めました。
ほとんどの参拝者はもう山頂に着いたようですが、あちこち撮影しながら登っていた私はもう最後尾に、
このままでは日の出に間に合わないかな?と思いながら登っていたらば
「aomorigontaさんでないですか?」と突然声が・・。
「あ、そうですけど・・」
「やっぱり、カチャ、カチャと変わったシャッター音だったのでもしかしてと思って・・」
普通、1,2枚写真を撮ってすぐ登ってゆくのに、登山道の隅でたたずみ連続音を出しいるその怪しげな光景に声をかけられたようでして、「良く見ていますよ」との言葉に気分もうれしくなり足取りも少し軽く山頂を目指します。

iwaki03.jpg

午前5時、空を赤く染めながら太陽が顔を出しました。
その瞬間、どこからともなく「ばんざーい」の声と拍手、
山頂にはひときわ大きな昇旗が掲げられそこには「がんばろう東北」の文字が朝日に赤く輝いていました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。