スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆既月食の怪奇な夜

去年の暮れにひきつづき、今年も皆既月食がありました。
しかも今回はほぼ天頂近くでの月食で、かけはじめから、かけおわりまですべて見れる好条件、
気になっていた天候も、太平洋岸を中心に晴れるということで、無料化した高速道路で岩手県方面へ向かっていましたが・・、安代ジャンクション周辺にて空を観察すると、どうやら青森県の太平洋岸の方が雲がない感じ・・、
ぐるっと(無駄に)高速を走りぬけて八戸道に入り再び青森県へ。
 撮影ポイントは、青森県と岩手県の県境にある標高740mの階上岳へ、ここは階上町方面から山頂まで車で行くことができます。
 煌々と輝く月明かりの中、ひさびさに登場した望遠鏡、10年以上前は楽しんでいたが最近は押入れの中にしばらく眠っていました。この天体望遠鏡を600mのレンズがわりにして欠けゆく月の様子を捉えようと思う。天体望遠鏡は星の動きに合わせて向きを変えることができるので、月をづっと撮影しつづけることができます。



 午後9時半、なんとなく月の東側が薄暗くなってきた気がしてきて、いよいよ撮影開始、
 天体望遠鏡の駆動装置(赤道儀)の電池を100円ショップで買ってきた新しい電池に変えていざシャッターを、
・・むむ、月がいなくなった・・。新しい電池に変えた途端に駆動装置が動かなくなったのだ、
 頭の上ではどんどん月が欠けてゆく、あせりながら前の電池に変えると今度は動きだした、電池不良?

 もう一方のスライドレール(ゴンタレール)は、だんだん暗くなってゆく中、浮かび上がる星空を担当する予定、こちらもあせりながらシャッターを切ると「え?」、暗くしか映らない・・。なぜだ、いままで何十回も撮影してきたのにこんなことはない、レンズを外し接点を確認、電池入れ替え、リセット、いろいろ試したがダメ、
「えい!、もうこのままでとっちゃえ!」
 暗いままゴンタレールに乗せて、スライドすること3時間半。
 映像確認したが、やはり暗いまま、星と月がかろうじて写っている程度・・、残念!。
 「う~」と思いながらシャッターを切ると、なんとカメラは直っていた。まさに皆既(怪奇)現象。おそろしい。
 でも、肉眼では思いっきり、ポカンと浮かんだ月を満喫できました。
 次回は3年後とのこと、
 リベンジは三年後です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。