スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルセウスの夜

夏の天文イベント、ペルセウス座の流星群が今年も極大を迎えました。
今年は8月12日の深夜から13日の未明にかけてが最も流星が流れるとのこと、
お天気が多少心配でしたが、12日の仕事を終えた後、八甲田方面に向かいました。

日中から、標高1500m前後の八甲田はづっと雲に覆われていて、この時間もはれる気配がありません。
一方でふもとにも、あちらこちらに雲が発生し、居座っているような空模様でした。
山と山の間、田代の高原の上空はかろうじて雲が切れていて、ここから南の空を望むところに陣を構えることとしました。

この日は、上弦の月が9時頃まで出ていて、それからが流れ星の本番、
この月も、おとめ座の一等星スピカに大接近していて(日本の南のほうでは月に隠される現象が見られたそう)これもまたビックな天文ショーで、しばし望遠鏡で楽しんでいました。

この日の東八甲田は西からの風の通り道になっていたようで、木々がゴーゴーともものすごい音を立てています。
熊よけをかねたラジオから流れる音楽が聞こえづらくなるほど・・。

月が八甲田にかかる雲に見え隠れするようになると、東から上り始めた天の川が一層輝きを増し始めました。

八甲田と流星

次第に流れ星、しかも時折明るいものも流れ始めました。
きたーーー。 

ペルセウス座の流れ星は、時折とても明るい火球クラスのものも混じっている様子
午前3時頃といわれる極大(最も流れる時間帯)が期待できそうです。

しかし・・

次第に上空空高いところにある雲がたなびき始めました。
気象衛星の赤外線画像にも写っているような、薄いけど確実に星空をぼんやりさせてしまう雲です。
流れてゆくのには2、3時間はかかりそう・・

ここから先は、明るい流れ星しか確認できなくなってしまいました。

ペルセウス

それでも、明け方には再び星空が持ち直し、極大日の名残りのペルセウス座流星群を楽しむことがでいました。

8月12日から13日にかけて、天文ショーの一夜

明け方には、もう冬の星座オリオン昇り始めています。

午前4時半、遠く太平洋から13日の朝日が顔を出します。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは^^

うっとりですね♪

こんな綺麗な世界を見ていたら、自分って小っちゃいなぁ~て感じますvv*

願い事、いくつお願いしましたぁ~e-454


Re: こんばんは^^

sirousagiさんこんばんは!
願い事お願いしていただいたみたいで、うれしいです。
私はまだでした。
今度流れたら、「すごい流れ星が見たい~!」と願ってみます。
また願いごとをしにブログにお越しください!。
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。