スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごらんあれが竜飛岬



津軽半島の先端、北海道が間近に迫る竜飛岬
強風が吹き荒れる厳しい自然環境でもあるこの地ですが、荒れた穏やかな時には美しい光景が広がります

岬の先端は切り立った断崖絶壁、そこに白い灯台、竜飛崎灯台があります
北海道まではおよそ20キロ
山並みはもちろん、夜になると町明かりもすぐ隣町の明かりのように身近に感じられます

その竜飛岬からつづく国道339号線は通称「竜泊ライン(竜飛岬と小泊の町を結んでいるので)」と呼ばれていて
険しい海岸の絶壁を避けるように、内陸に急カーブの連続で山頂付近に登りきる道路です

その車窓からの風景の美しさたるやもう最高
特に夕日の時間帯は、一生の思い出に残ること、お約束いたします!

竜飛2013-09-2

そんな竜飛岬、竜泊ラインで星空を

この初秋の時期に何度か竜飛に向かうこととなりました
なかなか晴天に恵まれず、通うこと数回
晴れていても、水平線に沈む夕日を捕らえることはめったにありません

ようやく恵まれた天候、ゴンタレールの2号も参加しての夕日の撮影
この日は休日だったので、多くの観光の人たちも訪れて、水平線に夕日が沈む一瞬をともに楽しみました

竜飛崎2013-09-4
テスト撮影をかねてのゴンタレール2号

竜飛崎2013-09-5
ほぼ垂直の動きもできる

日が沈むと、主役は星たちとともに、日本海に浮かぶ漁船の漁火となります

漁火はやはり星空を楽しむ上では大敵です
天の川などの淡い星はその強烈な明かりにかき消されてしまいます
さらには漁火は動くので、微速度撮影するとまるでフリッカーかの様にゆらゆらとしてしまいます

でも、そんなことを言っていてはこの日本の海岸沿いで星空撮影は無理というほどに
どこにでも、ほぼ一年中漁火が輝いています

これはもう、風景の一部だ!

そう割り切ると、意外と綺麗!
水平線に異次元の裂け目かのように広がる閃光とその光を受け輝く雲の動き
そこに細々と輝く星たちのけなげな様子

これもまた、いい感じです

竜飛2013-09-1

日光いろは坂を思わせるような曲がりくねった道は、時折日本海に飛び出してしまうかのようなスリルを
感じるほどのダイナミックさです

その道を下った海岸線近くにあるのが、この地の観光名所のひとつ「七ッ滝」
二段になった滝は国道から程近く、車が通ればヘッドライトで輝いてしまうはずですが、なにせここは津軽半島の最先端、2日撮影しましたが、深夜にここを通過する車は一台もなく、星空撮影には好都合

isoを20000程度まで上げているのでやっと写る水の流れは実際は真っ暗、
強風の海岸に打ち付ける波音と、轟音の滝音とともに暗闇の中にそそり立つ岩と滝
あまり心地よい撮影状況とはいえませんでしたが、明け方近くになると滝の正面からオリオン座が登り
光景に花を添えてくれました

竜飛2013-09-3

青函トンネルや階段国道、灯台や風車などまだまだ魅力あふれる竜飛岬

その魅力を星空の風景でつづりました




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして★

はじめまして misaです(*^。^*)
4年前、ユーチューブでアオモリゴンタさんの動画を見てからずっとファンです(^.^)
いつも 美しい星空の動画ありがとうございます。

私も同じ青森県に住んでます。趣味は星空を見ることです☆私は自宅の庭から見る星空と十和田湖の夕日と星空が大好きです(^O^)

これからも動画の撮影頑張ってください!(^^)!

楽しみに待ってます☆*゜



Re: はじめまして★

misaさんこんばんは
コメントありがとうございます
青森在住とのこと、知っている場所も登場してましたでしょうか?
これからもふるさと青森から見られる星空を中心にがんばりますので、ぜひお楽しみください。
そしてコメントなどいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね!。
プロフィール

aomorigonta

Author:aomorigonta
星空や雲、海岸や山並みなどの風景を素敵な音楽にのせて紹介しています。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。